問9 母子保健活動の見直しのために地域診断を行うことになった。


  1. 地区担当保健師が最初に行うことで最も適切なのはどれか。
  2. 地区内の子どもがいる世帯にアンケート調査を実施する。
  3. 乳幼児健康診査の問診票から相談内容の集計を行う。
  4. 子育て広場に来ている母親に聞き取り調査を行う。
  5. 地区にある保育所の保育士と連絡会議を行う。

解答: 2

投稿日:

第104回 保健師国家試験 午前

問4 平成27年(2015年)の労働力調査について正しいのはどれか。

  1. 女性の労働力人口は前年に比べ減少した。
  2. 女性の雇用形態は正規の雇用が約6割である。
  3. 労働力人口の総数に占める女性の割合は約4割である。
  4. 女性雇用者数に占める割合で最も多い産業は製造業である。

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午前

問25 災害対策とその根拠法令の組合せで正しいのはどれか。

  1. 災害拠点病院 - 医療法
  2. 地域防災計画 - 災害対策基本法
  3. 応急仮設住宅 - 被災者生活再建支援法
  4. トリアージタグ - 医師法
  5. 災害派遣医療チーム(DMAT) - 災害救助法

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午前

問33 健康日本21(第二次)における健康寿命について正しいのはどれか。

  1. 患者調査の結果を計算に用いる。
  2. 年齢別死亡率は計算に不要である。
  3. 日常生活に制限のない者の平均年齢である。
  4. 健康寿命の増加分を上回る平均寿命の増加を目標とする。
  5. 平成25年(2013年)の健康寿命と平均寿命の差は男性より女性が大きい。

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.