問8 Aさん(60歳、女性)は、隣に住むBさん(48歳、男性)についての相談のため、初めて保健所に来所した。 「Bさんは以前から酒好きで、仕事が休みの日には朝から酒を飲んでいることがよくあった。ここ1か月ほどは仕事にも行かず、泥酔して大声で騒ぎ、家の中で暴れているようだ」と言う。 初回相談の際のAさんへの地区担当保健師の対応で最も適切なのはどれか。


  1. Bさんの勤務の状況を聴取する。
  2. 飲酒が身体に及ぼす影響を説明する。
  3. Aさんが今回相談に来所した目的を確認する。
  4. Bさんを医療機関に受診させるための協力を依頼する。

解答: 3

投稿日:

第104回 保健師国家試験 午後

問28 平成22年(2010年)から平成27年(2015年)における日本の社会情勢の変化で適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 完全失業率の増加
  2. 老年化指数の低下
  3. 平均世帯人員の減少
  4. 社会保障給付費の減少
  5. 65歳以上の雇用者数の増加

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午前

問40 40歳以上の男性を対象とした疫学研究で、虚血性心疾患死亡率10万人年対を観察した。虚血性心疾患死亡率は、喫煙群では40.0、非喫煙群では24.0であった。このときの寄与危険割合を百分率で求めよ。

ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第位を四捨五入すること。

解答: ① ② %

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午前

問5 都道府県が実施主体となり保健師が家庭訪問を行うのはどれか。

  1. 未熟児
  2. 発達障害児
  3. 認知症高齢者
  4. 小児慢性特定疾病児童

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.