問7 健康教育に関する理論で保健行動に対する個人の心理に着目しているのはどれか。


  1. アドボカシー
  2. ヘルスリテラシー
  3. ヘルス・ビリーフ・モデル
  4. プリシード・フレームワーク

解答: 3

投稿日:

第103回 保健師国家試験 午前

問17 市町村の保健事業の予算編成について正しいのはどれか。

  1. 事業ごとに予備費を計上し事業費の不足を防ぐ。
  2. 予算の確保は具体的な実施方法を検討する前に行う。
  3. 事業評価をもとに既存事業の継続の必要性を検討する。
  4. 毎年実施している事業の予算の決定には議会の議決は必要ない。

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午前

問46 入院から4週後、Aさんは服薬を自己管理できており、薬剤による副作用有害事象もみられていない。 喀痰塗抹検査が連続して3回陰性となったため退院することとなった。病院を訪問した保健師にAさんから「服薬を続ける以外に、自宅に帰ってから結核をうつさないために私や家族が何かすることはありますか」と相談があった。 退院後の結核の二次感染予防について、Aさんに行う説明で適切なのはどれか。

  1. Aさんと接する者はN95マスクをしてもらう。
  2. 長女の子どもとは服薬終了まで接触しない。
  3. 長女の夫にBCGの接種を勧める。
  4. 二次感染の予防対策は必要ない。
  5. Aさんが触れた物は消毒する。

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午前

問1 保健師に関する歴史上の出来事と社会的背景の組合せで正しいのはどれか。

  1. 開拓保健婦の設置 - 外地からの引き揚げ
  2. 駐在保健婦制度の創設 - 社会恐慌や凶作による農村の荒廃
  3. 国保保健婦の市町村移管 - 第一次ベビーブーム
  4. 小児保健所での保健婦活動 - 富国強兵策

問題を確認する。

左側のコンテンツ50%

右側のコンテンツ50%


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2019 All Rights Reserved.