問7 ヘルスリテラシーについて誤っているのはどれか。


  1. 健康管理を行うために活用するスキルである。
  2. ヘルスプロモーションの活動に関わる能力である。
  3. 情報提供の方法が適切か検討することが含まれる。
  4. 健康日本21(第二次)の目標にヘルスリテラシーの向上が挙げられている。

解答: 4

投稿日:

第104回 保健師国家試験 午前

問28 がん患者の在宅療養支援における医療保険および介護保険の活用について正しいのはどれか。

  1. 同日に医療保険と介護保険の利用はできない。
  2. 居宅療養管理指導は医療保険による診療報酬の対象である。
  3. 訪問看護の利用にあたっては医療保険と介護保険のいずれかを利用者が選択できる。
  4. 40歳から65歳未満のがん患者は介護保険法で定める特定疾病の状態のときに介護保険が利用できる。

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午後

問46 運動習慣と死亡との関連が最も強いのはどれか。

  1. 疾患A
  2. 疾患B
  3. 疾患C
  4. その他の疾患

問題を確認する。

第105回 保健師国家試験 午後

問8 労働安全衛生法に基づき、労働者50人未満の事業者に義務付けられているのはどれか。

  1. 産業医の選任
  2. 衛生委員会の設置
  3. ストレスチェックの実施
  4. 長時間労働者への医師の面接指導

問題を確認する。

左側のコンテンツ50%

右側のコンテンツ50%


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2019 All Rights Reserved.