問6 50歳代を対象とした運動教室修了後に受講者がとる行動で、ソーシャルキャピタルの醸成につながる行動として最も適切なのはどれか。


  1. 特定健康診査を受診する。
  2. 家族に教室で学んだ運動の話をする。
  3. 他の受講者と自主的に運動を継続する。
  4. 保健師に運動内容を定期的に報告する。

解答: 3

投稿日:

第105回 保健師国家試験 午後

問29 保健所管内の特別養護老人ホームの職員を対象に、結核に関する説明を行うことになった。説明で正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 「高齢の結核患者は定型的な呼吸器症状がでます」
  2. 「患者が発生した際は施設長が保健所に発生届を提出します」
  3. 「新登録結核患者のうち70歳以上が占める割合は50%未満です」
  4. 「排菌していない入所者は特別養護老人ホームへの入所を継続できます」
  5. 「65歳以上の入所者に対しては、定期健康診断を実施する義務があります」

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午前

問13 8020運動について正しいのはどれか。

  1. う蝕予防に重点を置く運動である。
  2. 健康日本21(第二次)に目標値が設定されている。
  3. 日本医師会と日本歯科医師会とが推進を提言した。
  4. 歯科口腔保健の推進に関する法律に基づいて運動を開始した。

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午後

問17 平成25年度(2013年度)の新型インフルエンザ等対策政府行動計画において、緊急事態宣言がされている場合の措置として規定されているのはどれか。

  1. 国のコールセンター等の体制を強化する。
  2. 事業者に職場における感染対策を要請する。
  3. 国内発生状況について世界保健機関(WHO)へ通報する。
  4. 市町村に在宅の高齢者等の要援護者への生活支援を要請する。

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.