問55 A社の製造現場での高年齢労働者に対する労働災害防止対策への取組みで、優先度が高いのはどれか。


問題の前提文を読んで、問いに答えよ。

クリックで前提文を表示

前提文

食品加工業のA社には、60歳の定年後に継続雇用制度があり、65歳まで働くことができる。今後、製造現場の定年退職者と継続雇用労働者が増加することが見込まれている。

安全衛生委員会で55歳以上の高年齢労働者の安全な就労に向け過去の労働災害状況を分析したところ、労働災害の発生率は年齢が高くなるほど上昇し、作業場での転倒が多かった。

作業場の清掃は1日3回定期的に行い、照明は300ルクスの全体照明である。

(55 A社の製造現場での高年齢労働者に対する労働災害防止対策への取組みで、優先度が高いのはどれか。 )

  1. 作業場の照度を高くする。
  2. 健康づくり用具を作業場に置く。
  3. 高年齢労働者向けの作業を用意する。
  4. 転倒が発生しやすい場所に注意喚起の掲示を行う。

解答: 4

投稿日:

第103回 保健師国家試験 午後

問50 A県から事業実施の打診を受けたB市では、保健師を中心にプロジェクトチームを立ち上げることになった。プロジェクトチームの参加機関として優先度が高いのはどれか。

  1. 精神保健福祉センター
  2. 労働基準監督署
  3. ハローワーク
  4. 県医師会

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午後

問16 業務上疾病で正しいのはどれか。

  1. 職業性疾病と同義である。
  2. 産業医によって認定される。
  3. 使用者は必要な療養の費用を負担しなければならない。
  4. 平成27年(2015年)はじん肺症およびじん肺合併症が最も多い。

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午前

問35 放射線の災害による影響で正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 胸膜中皮腫の原因となる。
  2. クラッシュ症候群を起こす。
  3. 胎児は成人より感受性が低い。
  4. 呼吸によって内部被ばくを起こす。
  5. 晩発症状に甲状腺機能低下症がある。

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.