問51 その後、Aさんは指定難病と診断され、隣市の専門医療機関での月1回の通院治療を開始した。 2年後、Aさんは要介護4に認定され、通所介護を週2回利用している。Aさんの介護と家事は夫が担っている。夫は糖尿病で半年ほど前から血糖コントロールが不良であり、血糖管理および指導の目的で5日間の入院を勧められている。 夫の入院中にAさんが利用する事業で最も適切なのはどれか。


問題の前提文を読んで、問いに答えよ。

クリックで前提文を表示

前提文

Aさん(59歳、女性)。夫(66歳、無職)と人暮らし。市の健康相談に参加したAさんは、ふらつきがあり歩行が不安定であった。

相談に対応した保健師に対して「歩き出しがうまくできないし、思うように体が動かず困っています」とAさんは話した。

保健師はAさんの訴えなどから神経変性疾患を想定し、Aさんの他の症状について確認することにした。

(51 その後、Aさんは指定難病と診断され、隣市の専門医療機関での月1回の通院治療を開始した。 2年後、Aさんは要介護4に認定され、通所介護を週2回利用している。Aさんの介護と家事は夫が担っている。夫は糖尿病で半年ほど前から血糖コントロールが不良であり、血糖管理および指導の目的で5日間の入院を勧められている。 夫の入院中にAさんが利用する事業で最も適切なのはどれか。 )

  1. 夜間対応型訪問介護
  2. 短期入所療養介護
  3. 訪問入浴介護
  4. 訪問看護

解答: 2

投稿日:

第103回 保健師国家試験 午前

問35 放射線の災害による影響で正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 胸膜中皮腫の原因となる。
  2. クラッシュ症候群を起こす。
  3. 胎児は成人より感受性が低い。
  4. 呼吸によって内部被ばくを起こす。
  5. 晩発症状に甲状腺機能低下症がある。

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午後

問6 保健師の家庭訪問の対象で最も優先度が高いのはどれか。

  1. 要介護2の独居高齢者
  2. 特定健康診査の未受診者
  3. A群β溶血性レンサ球菌感染症の罹患が疑われる幼児
  4. 治療中断していると病院から連絡があった統合失調症患者

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午後

問22 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)について正しいのはどれか。

  1. 予防接種を行う疾病を定めている。
  2. 十分な説明と同意に基づいた入院勧告制度がある。
  3. 特定感染症指定医療機関は都道府県知事が指定する。
  4. 類感染症を診断した医師は日以内に届出を行わなければならない。

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.