問46 運動習慣と死亡との関連が最も強いのはどれか。


問題の前提文を読んで、問いに答えよ。

クリックで前提文を表示

前提文

運動習慣の死亡率に対する影響の調査のために万人を対象とした 10年間のコホート研究を行った。

本研究では、年齢、食習慣および経済状況など参加者の基礎的背景も併せて調査した。脱落者を除いた結果を表に示す。

(46 運動習慣と死亡との関連が最も強いのはどれか。 )

  1. 疾患A
  2. 疾患B
  3. 疾患C
  4. その他の疾患

解答: 2

投稿日:

第104回 保健師国家試験 午後

問2 グループの発展過程を準備期、開始期、作業期、終結期に分類したとき、準備期における支援者の役割として最も適切なのはどれか。

  1. グループの目的の共有を促す。
  2. グループの相互作用を促進させる。
  3. メンバー間の信頼関係の確立を図る。
  4. グループに参加する対象を理解する。

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午後

問5 Aさん(39歳、初妊婦)。妊娠26週で市の母親学級に参加した。Aさんは、あまり楽しそうな表情をしておらず、グループワークでの発言も少なかった。 終了後に母親学級担当の保健師がAさんに声をかけたところ「産後の育児が不安です」と話した。 不安な気持ちについて傾聴した後のAさんへの対応として最も適切なのはどれか。

  1. 「産後にホームヘルプサービスを利用してはどうですか」
  2. 「お住まいの地区を担当している保健師を紹介します」
  3. 「受診している産科の医師に相談してみましょう」
  4. 「育児に慣れるまで里帰りすることはできますか」

問題を確認する。

第105回 保健師国家試験 午後

問55 A社の製造現場での高年齢労働者に対する労働災害防止対策への取組みで、優先度が高いのはどれか。

  1. 作業場の照度を高くする。
  2. 健康づくり用具を作業場に置く。
  3. 高年齢労働者向けの作業を用意する。
  4. 転倒が発生しやすい場所に注意喚起の掲示を行う。

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.