問34 因果関係を推測することができる研究デザインはどれか。2つ選べ。


  1. 横断研究
  2. 記述疫学
  3. 生態学的研究
  4. コホート研究
  5. 症例対照研究

解答: 4, 5

「問34 因果関係を推測…」の解説

コホート研究(cohort study)とは

分析疫学における手法の1つ。

特定の要因に曝露した集団と曝露していない集団を一定期間追跡し、研究対象となる疾病の発生率を比較することで、要因と疾病発生の関連を調べる観察的研究。

症例対照研究(case-control study)とは

分析疫学における手法の1つ。ケースコントロール研究、患者対照研究、結果対照研究と同義。

疾病に罹患した集団を対象に、曝露要因を観察調査する。次に、その対照として罹患していない集団についても同様に、特定の要因への曝露状況を調査する。以上の2集団を比較することで、要因と疾病の関連を評価する研究手法。

更新日:

第103回 保健師国家試験 午後

問15 国民健康づくりの目標として初めて自殺者の減少を掲げたのはどれか。

  1. 第一次国民健康づくり対策
  2. 第二次国民健康づくり対策(アクティブ80ヘルスプラン)
  3. 第三次国民健康づくり対策(健康日本21)
  4. 第四次国民健康づくり対策(健康日本21(第二次))

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午前

問27 人口10万人の市において、ある一定期間の結核患者の発生頻度を表現する指標として適切なのはどれか。

  1. 罹患率
  2. 有病率
  3. 被患率
  4. 受療率
  5. 相対頻度

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午後

問32 国民健康・栄養調査で把握できるのはどれか。2つ選べ。

  1. 健康寿命
  2. BMIの平均値
  3. 蛋白質の必要量
  4. 喫煙習慣者の割合
  5. 支出に占める食料費の割合

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.