問3 市民と行政とのパートナーシップを基盤とした保健施策の推進について最も効果的なのはどれか。


  1. 保健福祉計画の策定を市民の代表と行う。
  2. 行政情報を複数の方法で市民に公開する。
  3. 市民の意見を受け付ける専門の部署を設ける。
  4. 市民の代表から地域の課題を聞き取る機会を設ける。

解答: 1

投稿日:

第104回 保健師国家試験 午後

問44 脱落例がなかったと仮定して、男性1万人におけるベースライン時の糖尿病の有無別の5年間のがんの新規発症の有無を表に示す。

「糖尿病なし」に対する「糖尿病あり」のがん発症の累積罹患率比を求めよ。ただし、小数点以下第位を四捨五入すること。

問題を確認する。

第105回 保健師国家試験 午後

問11 県の保健所に住民から「うつ病で通院中なので、医療費を公費で負担してくれる制度の内容や手続きについて知りたい」という電話相談があった。保健所保健師の説明で適切なのはどれか。

  1. 「県の保健所が申請窓口です」
  2. 「精神保健福祉法に基づく制度です」
  3. 「世帯の所得に応じて負担上限額があります」
  4. 「お住まいの市が医療費受給の判定を行います」

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午前

問15 計画と目標の組合せで正しいのはどれか。

  1. 健康日本21(第二次) - 若年性認知症施策の強化
  2. 健やか親子21(第2次) - 若い世代を中心とした食育の推進
  3. 第2期がん対策推進基本計画 - 受動喫煙のない職場の実現
  4. 第四次薬物乱用防止五か年戦略 - 不適切な飲酒の誘因の防止

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.