問3 市では、発達障害がある者の家族から、特別支援学校卒業後に地域で働きたいと希望しても周囲の理解が得られないので悩んでいるとの相談が増加した。 保健師は発達障害がある者を支援する地域ケアシステムが必要と考えた。 地域ケアシステムの構築を最も推進する活動はどれか。


  1. 家族会の設立
  2. 就労相談会の開催
  3. ボランティアの育成
  4. ネットワーク会議の開催

解答: 4

投稿日:

第103回 保健師国家試験 午前

問5 都道府県が実施主体となり保健師が家庭訪問を行うのはどれか。

  1. 未熟児
  2. 発達障害児
  3. 認知症高齢者
  4. 小児慢性特定疾病児童

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午前

問38 平成27年(2015年)に策定された認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の特徴について正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 対象期間は20年間である。
  2. 目的は認知症高齢者の早期発見・早期治療である。
  3. 関係省庁で連携して取り組むことが示されている。
  4. 認知症施策を加速させるための戦略として5つの柱がある。
  5. 施策のアウトカム指標は定量的に評価することを目指している。

問題を確認する。

第105回 保健師国家試験 午後

問18 A事業所の保健師は禁煙を希望する職員に対し、グループ活動を通して支援を行うことにした。初回のグループワークにおける保健師の支援で最も適切なのはどれか。

  1. グループの支援計画を作成する。
  2. グループメンバー同士の助け合いを推奨していく。
  3. グループ支援において生じる問題や障害を予測する。
  4. グループ活動に関連する関係者とネットワークをつくる。
  5. グループワークの目標についてグループメンバー間で合意を得る。

問題を確認する。

左側のコンテンツ50%

右側のコンテンツ50%


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2019 All Rights Reserved.