問3 市では、発達障害がある者の家族から、特別支援学校卒業後に地域で働きたいと希望しても周囲の理解が得られないので悩んでいるとの相談が増加した。 保健師は発達障害がある者を支援する地域ケアシステムが必要と考えた。 地域ケアシステムの構築を最も推進する活動はどれか。


  1. 家族会の設立
  2. 就労相談会の開催
  3. ボランティアの育成
  4. ネットワーク会議の開催

解答: 4

投稿日:

第103回 保健師国家試験 午後

問54 今後のAさんへの支援を計画するために最も優先して確認するのはどれか。

  1. つわりの有無
  2. 育児用品の準備状況
  3. 妊娠届が遅れた理由
  4. 子宮がん検診の受診歴
  5. 不妊治療の経験の有無

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午後

問3 市民と行政とのパートナーシップを基盤とした保健施策の推進について最も効果的なのはどれか。

  1. 保健福祉計画の策定を市民の代表と行う。
  2. 行政情報を複数の方法で市民に公開する。
  3. 市民の意見を受け付ける専門の部署を設ける。
  4. 市民の代表から地域の課題を聞き取る機会を設ける。

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午前

問12 Aさん(22歳、男性)。両親と兄との人暮らし。知的障害があり、就労継続支援A型の事業所に通っている。 事業所の職員から「Aさんの上腕に複数の小さなあざがあった」と市保健師に電話で相談があった。 事業所の職員から相談を受けた保健師の最初の対応として最も適切なのはどれか。

  1. Aさん宅の家庭訪問を行う。
  2. 事業所で職員とAさんに話を聞く。
  3. 成年後見制度の利用をAさんに勧める。
  4. 卒業した学校にAさんの在学中の様子を聞く。

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.