問28 難病対策で正しいのはどれか。2つ選べ。


  1. 医療費助成の患者負担割合は割である。
  2. 都道府県は療養生活環境整備事業を実施できる。
  3. 居住地の都道府県内の医療機関は全て医療費助成の対象である。
  4. 軽症者でも高額な医療を継続する者は医療費助成の対象となる。
  5. 都道府県は難病相談支援センターの設置が義務付けられている。

解答: 2, 4

投稿日:

第104回 保健師国家試験 午前

問50 A市保健師は、A市郊外の農村地区にあるB地区を対象に、糖尿病の重症化予防に取り組むことにした。 B地区は人口約3,000人、高齢化率44%であり、内科無床診療所が1か所あるが、市立総合病院までは車で30分かかる。糖尿病と診断されたことがある者の全戸訪問に取り組んだところ「B地区から市中心地区にある市立総合病院に受診すると、通院と待ち時間で半日以上必要なため、特に農繁期に治療を中断してしまう」と言う者が多かった。そこで保健師は、B地区の糖尿病患者が継続的に糖尿病の治療が受けられるよう検討することが必要であると考えた。 治療継続のための対策として最も適切なのはどれか。

  1. B地区での糖尿病患者会の発足
  2. 糖尿病の治療中断者への特定健康診査の受診勧奨
  3. B地区住民専用の市立総合病院への送迎バスの運行
  4. B地区診療所における月回の糖尿病専門外来の開設

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午後

問24 平成25年(2013年)月末における精神疾患を有する者の入院者数が最も多い入院形態はどれか。

  1. 措置入院
  2. 任意入院
  3. 医療保護入院
  4. 緊急措置入院

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午後

問38 Aさんへの支援のため、担当保健師は関係者を集めて会議を開催することにした。初回の会議に招集するメンバーで優先度が低いのはどれか。

  1. 市の地区担当保健師
  2. Aさんの心療内科の主治医
  3. 児童相談所の虐待担当の職員
  4. 精神保健福祉センターの職員
  5. 長男の通園している幼稚園の職員

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.