問26 地域保健法に規定されている内容はどれか。


  1. 市町村保健センターの所長は原則として医師である。
  2. 市町村に対する必要な財政的援助は都道府県の責務である。
  3. 保健所には所管区域内の市町村職員の研修の実施が義務付けられている。
  4. 保健所が行う事業に母性及び乳幼児並びに老人の保健に関する事項がある。

解答: 4

投稿日:

第103回 保健師国家試験 午前

問39 がん対策推進基本計画の目標項目で正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. がんの罹患率
  2. 緩和ケア病棟数
  3. がんによる死亡者数
  4. がん患者の支援団体数
  5. 院内がん登録実施医療機関数

問題を確認する。

第105回 保健師国家試験 午後

問51 発災直後の緊急対策期における市の保健師の対応で優先度が高いのはどれか。

  1. 医療救護活動
  2. 福祉避難所の準備
  3. 健康調査票の作成
  4. 家庭訪問による個別健康相談

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午後

問37 家庭訪問後、担当保健師がAさん家族への継続支援を開始した。 しばらくすると、Aさんから担当保健師に頻繁に電話がかかってくるようになり、泣きながら「今すぐ訪問に来て」と訴えることも多かった。このような状況が繰り返されるうちに、担当保健師はAさんに苦手意識をもつようになった。ある日、担当保健師の不在時にAさんの電話を受けた別の保健師に対して、Aさんが「今の担当保健師は冷たいので担当を替えてほしい。あなたに私の担当になってもらいたい」と訴えた。 このような状況への担当保健師の対応として正しいのはどれか。

  1. 担当保健師を軸に保健師間でのAさんへの対応を統一する。
  2. Aさんの主治医にAさんの入院について相談する。
  3. Aさんの希望に合わせて担当保健師を交替する。
  4. Aさんとの面接頻度を増やす。

問題を確認する。

左側のコンテンツ50%

右側のコンテンツ50%


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2019 All Rights Reserved.