問23 地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(医療介護総合確保推進法)による介護保険法の見直し事項はどれか。


  1. 地域ケア会議の推進
  2. 地域密着型サービスの創設
  3. 介護予防訪問看護の地域支援事業への移行
  4. 市町村単位での医療機能の分化および連携の推進

解答: 1

投稿日:

第105回 保健師国家試験 午後

問20 系統誤差の原因はどれか。

  1. マッチング
  2. 高い追跡率
  3. 低い抽出率
  4. 無作為化割付)
  5. 検者間の測定差

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午前

問51 その後、Aさんは指定難病と診断され、隣市の専門医療機関での月1回の通院治療を開始した。 2年後、Aさんは要介護4に認定され、通所介護を週2回利用している。Aさんの介護と家事は夫が担っている。夫は糖尿病で半年ほど前から血糖コントロールが不良であり、血糖管理および指導の目的で5日間の入院を勧められている。 夫の入院中にAさんが利用する事業で最も適切なのはどれか。

  1. 夜間対応型訪問介護
  2. 短期入所療養介護
  3. 訪問入浴介護
  4. 訪問看護

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午前

問39 生活保護制度について正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 扶助の種類は7種類である。
  2. 保護施設に更生施設がある。
  3. 日本国憲法第14条の理念に基づいている。
  4. 保護は世帯を単位とすることを原則とする。
  5. 介護扶助によって介護保険料が現金給付される。

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.