問22 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)について正しいのはどれか。


  1. 予防接種を行う疾病を定めている。
  2. 十分な説明と同意に基づいた入院勧告制度がある。
  3. 特定感染症指定医療機関は都道府県知事が指定する。
  4. 類感染症を診断した医師は日以内に届出を行わなければならない。

解答: 2

投稿日:

第105回 保健師国家試験 午後

問8 労働安全衛生法に基づき、労働者50人未満の事業者に義務付けられているのはどれか。

  1. 産業医の選任
  2. 衛生委員会の設置
  3. ストレスチェックの実施
  4. 長時間労働者への医師の面接指導

問題を確認する。

第105回 保健師国家試験 午後

問52 発災後10日。保健師は、避難所への巡回訪問中に4歳児の母親から「子どもが自分から全く離れなくなり、寝ている間に急に大声をあげて泣き出すようになった。心配だ」と相談を受けた。 保健師は子どもの反応の意味を説明し、いつでも相談に乗ることを伝えた。 この時の保健師の母親への助言で適切なのはどれか。

  1. 子どもが一人で行動できることを経験させるよう勧める。
  2. できるだけスキンシップを図るよう伝える。
  3. 別の避難所に移動するように勧める。
  4. 特に何もしなくてよいと伝える。

問題を確認する。

第105回 保健師国家試験 午後

問30 災害対策基本法に示されている住民の責務はどれか。2つ選べ。

  1. 過去の災害から得られた教訓の伝承
  2. 避難行動要支援者名簿の作成
  3. 生活必需物資の備蓄
  4. 防災組織の充実
  5. 防災活動の促進

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.