問2 市町村の保健師の活動として適切でないのはどれか。


  1. 細菌性赤痢の患者の積極的疫学調査
  2. 老人クラブでの健康教育の実施
  3. 統合失調症患者への家庭訪問
  4. 16歳の妊婦への保健指導

解答: 1

投稿日:

第103回 保健師国家試験 午前

問42 地震発生当日に町内に避難所が設置された。1週後、町民の半数が避難所で生活を送っている。 県外から派遣された医療チームが避難所での健康管理を行っている。 このときのA町保健師の活動で優先度が高いのはどれか。

  1. 避難所で傷病者の処置を行う。
  2. 町外への避難者の安否確認を行う。
  3. 避難所の高齢者の介護予防を行う。
  4. 避難所の要援護者の搬送先を検討する。

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午後

問50 難病の医療費助成制度についての妻への説明で正しいのはどれか。

  1. 「どの医療機関でも医療費助成が受けられます」
  2. 「負担上限月額は所得に応じて決まります」
  3. 「更新手続きには診断書は必要ありません」
  4. 「更新手続きは2年に1回必要です」
  5. 「医療費の自己負担は1割です」

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午前

問22 在宅で人工呼吸器管理を要する難病患者の災害時の個別支援計画で適切なのはどれか。

  1. 自宅待機を想定に入れる。
  2. 避難先は災害拠点病院とする。
  3. 発災直後の安否確認は主治医が行う。
  4. 発災後の移動は災害派遣医療チーム(DMAT)が担当する。

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.