問15 2群間の平均の差の検定に用いるのはどれか。


  1. t検定
  2. 回帰分析
  3. χ2(カイ乗)検定
  4. Fisher(フィッシャー)の直接確率法

解答: 1

投稿日:

第105回 保健師国家試験 午後

問5 Aさん(80歳、女性)。認知症。1人暮らしで身寄りはない。認知症高齢者の日常生活自立度判定基準Ⅱa、要介護1。

  1. 特別養護老人ホームへの入所を勧める。
  2. 成年後見制度利用支援事業を紹介する。
  3. 民生委員に訪問してもらう。
  4. 訪問看護の利用を勧める。

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午前

問36 A市の2地区でデータを収集した。各項目について地区間に差があるかどうかを統計学的に検定する。χ2(カイ乗)検定が適している項目はどれか。2つ選べ。

  1. 年齢
  2. 通院の有無
  3. 高血圧症の有病率
  4. 1日当たり飲酒量
  5. 1日当たり喫煙本数

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午前

問30 A地区では、豪雨による土砂災害から2か月が経つ。家屋が倒壊した被災者の仮設住宅への入居が始まり、新たなコミュニティの構築への支援が必要となった。 A地区の仮設住宅入居者は単身高齢者が多く、かかりつけ医への受診以外に外出する機会がほとんどない。また、慣れない地域での不安を訴える声が聞かれた。 仮設住宅入居者の孤立を防止し、新たなコミュニティづくりを促進するためのA地区への支援として、最も適切なのはどれか。

  1. 茶話会の開催
  2. 在宅医療の拡充
  3. 電話相談の拡充
  4. 通所介護事業所の開設
  5. 訪問リハビリテーションの実施

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.