問10 Aさん(24歳、専業主婦)は、夫と生後6か月の乳児(出生体重2,900g)との3人暮らし。 乳児健康診査が未受診で、電話にて受診勧奨を行ったが来所しないため、地区担当保健師が家庭訪問をした。訪問時、児の体重は7,500g。定頸しており、寝返りはできるがお座りはできない。「離乳食を開始したばかりで、進め方が分からない」と言うので、保健指導を行った。乳児健康診査については「風邪気味だったので連れて行けなかった。人付き合いが苦手で育児の相談相手もいないので、戸惑うことが多い」と話した。 今後の保健師の対応として最も適切なのはどれか。


  1. 市の育児相談の利用を勧める。
  2. 定期的な家庭訪問を継続する。
  3. 地域の子育てサークルの立ち上げを促す。
  4. 児の発達について小児科医に相談することを勧める。

解答: 1

投稿日:

第104回 保健師国家試験 午前

問22 在宅で人工呼吸器管理を要する難病患者の災害時の個別支援計画で適切なのはどれか。

  1. 自宅待機を想定に入れる。
  2. 避難先は災害拠点病院とする。
  3. 発災直後の安否確認は主治医が行う。
  4. 発災後の移動は災害派遣医療チーム(DMAT)が担当する。

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午前

問14 養護教諭の職務で正しいのはどれか。

  1. 学校給食の衛生管理
  2. 定期健康診断の評価
  3. 学校保健委員会の設置
  4. 感染症による出席停止の決定

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午後

問45 運動習慣があることに対して、運動習慣がないことの疾患Aによる死亡に関する万人対の寄与危険はどれか。

  1. 0.4
  2. 0.7
  3. 1.4
  4. 10
  5. 40

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.