問10 地域包括ケアシステムの推進に関する説明で正しいのはどれか。


  1. 公助が優先される。
  2. 実施主体は保健所である。
  3. 平成32年(2020年)に向けた対応策である。
  4. 高齢者のニーズに応じた住まいの整備が含まれる。

解答: 4

投稿日:

第105回 保健師国家試験 午前

問55 保健師が描いたAさん宅1階の見取り図を示す。Aさんと夫は1階で生活をし、日中はリビングで過ごし、夜は和室で布団に寝ている。 2階は次男家族が使用している。台所とリビング、浴室は1階のみにあり、大きな段差は廊下から玄関に降りるところのみである。 Aさんの生活環境を改善するために現時点で優先度が高いのはどれか。

  1. 夜間のポータブルトイレの使用
  2. 夫婦の寝室を階に移動
  3. 玄関にスロープを設置
  4. ベッドの使用

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午後

問55 保健所の対応で適切なのはどれか。

  1. Aさんと病院とで話し合いの場が持てるように支援する。
  2. Aさんの夫の手術に関する診療録を病院に開示請求する。
  3. 医療行為と死亡との因果関係の有無を明らかにする。
  4. 病院に対し事故調査委員会を設置するよう指導する。

問題を確認する。

第105回 保健師国家試験 午後

問44 保健師が高齢者を対象に日常生活の不便さと生活に関するアンケートを実施した結果、食事回数が1日2回と回答した割合が、独居高齢者では50%、同居者がいる高齢者では30%であった。独居高齢者の食事回数が1日2回であることに対する寄与危険はどれか。

  1. 0.2
  2. 0.6
  3. 1.67
  4. 2.33

問題を確認する。

左側のコンテンツ50%

右側のコンテンツ50%


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2019 All Rights Reserved.