問10 地域包括ケアシステムの推進に関する説明で正しいのはどれか。


  1. 公助が優先される。
  2. 実施主体は保健所である。
  3. 平成32年(2020年)に向けた対応策である。
  4. 高齢者のニーズに応じた住まいの整備が含まれる。

解答: 4

投稿日:

第103回 保健師国家試験 午前

問6 50歳代を対象とした運動教室修了後に受講者がとる行動で、ソーシャルキャピタルの醸成につながる行動として最も適切なのはどれか。

  1. 特定健康診査を受診する。
  2. 家族に教室で学んだ運動の話をする。
  3. 他の受講者と自主的に運動を継続する。
  4. 保健師に運動内容を定期的に報告する。

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午前

問13 健康日本21(第二次)の目標達成を目指した市計画を定めることにした。

  1. 住民の意見を幅広く取り入れる方法として最も適切なのはどれか。
  2. 計画素案の作成を市内の業者に委託する。
  3. 市民相談を担当する職員を策定委員に選任する。
  4. 計画策定の過程でパブリックコメントを求める。
  5. 前年実施した市民健康意識調査の結果を計画に盛り込む。

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午後

問19 耐糖能異常の頻度の地域比較調査を行ったところ、A地区では空腹時血糖で評価し、B地区では随時血糖で評価していたことが明らかになった。疫学調査法におけるこのような問題点はどれか。

  1. 交絡
  2. 偶然誤差
  3. 選択の偏り(バイアス)
  4. 情報の偏り(バイアス)

問題を確認する。


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.