問1 公衆衛生看護の基本理念について正しいのはどれか。


  1. プライマリヘルスケアはバンコク憲章で定義された。
  2. 生存権の保障は日本国憲法第11条に規定されている。
  3. ノーマライゼーションは障害者福祉の基本理念となっている。
  4. ヘルスプロモーションは日本では健康フロンティア戦略で初めて取り入れられた。

解答: 3

投稿日:

第104回 保健師国家試験 午前

問24 職場における新人保健師の人材育成で最も適切なのはどれか。

  1. 職場外での研修を中心に行う。
  2. 新人保健師自身が自らの到達目標を設定する。
  3. 新人保健師が所属する部署で完結した指導体制とする。
  4. 新人保健師が活動事例を学会で発表することを最終目標とする。

問題を確認する。

第103回 保健師国家試験 午前

問15 健康危機管理について、厚生労働大臣が定めることが地域保健法に規定されているのはどれか。

  1. 地域保健対策検討会報告書
  2. 地域健康危機管理ガイドライン
  3. 厚生労働省健康危機管理基本指針
  4. 地域保健対策の推進に関する基本的な指針

問題を確認する。

第104回 保健師国家試験 午前

問44 Aさんの治療や検査について正しいのはどれか。

  1. 抗結核薬3剤で治療する。
  2. 薬剤感受性検査を実施する。
  3. 喀痰培養検査は不要である。
  4. インターフェロンγ遊離試験(IGRA)を実施する。

問題を確認する。

左側のコンテンツ50%

右側のコンテンツ50%


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2019 All Rights Reserved.