第103回 保健師国家試験 午前

第103回 保健師国家試験 午前

問31 Aさん(65歳、女性)。1人暮らし。要支援2。認知症はあるが、他に治療をしている疾患はない。 介護保険で介護予防訪問介護を週2回、介護予防通所介護を週1回利用している。介護予防通所介護以外に外出の機会はない。最近、空腹になると夜中でも満腹になるまで、家にある食べ物を何でも口に入れてしまうようになった。Aさんは自宅で生活することを希望していることから、地域包括支援センターの保健師はサービス担当者会議を開催することにした。 サービス担当者会議の参加者として適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 訪問看護ステーションの理学療法士
  2. 訪問看護ステーションの訪問看護師
  3. 介護予防通所介護事業所の介護職員
  4. 介護予防訪問介護事業所の訪問介護員
  5. 認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)の相談員

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第103回 保健師国家試験 午前

問32 ノーマライゼーションに基づいた障害者のケアの考え方で正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 国際生活機能分類(ICF)では障害の程度によって必要なケアが規定される。
  2. 支援がないことで社会参加が制約されている場合は対象に含む。
  3. 環境と個人との特性が加わって健康状態が決定される。
  4. 障害者に対する医療の確保を第一の目的とする。
  5. 援助者がリーダーシップを発揮して進める。

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第103回 保健師国家試験 午前

問33 学校保健活動で正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. BCG接種を行う。
  2. 食育推進計画を策定する。
  3. 児童生徒の保護者に助言を行う。
  4. 学校生活管理指導表は養護教諭が記載する。
  5. 学校保健委員会は地域の関係機関の代表も含めて構成する。

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第103回 保健師国家試験 午前

問34 感染症発生動向調査において全数把握の対象となるのはどれか。2つ選べ。

  1. 風疹
  2. 百日咳
  3. 日本脳炎
  4. マイコプラズマ肺炎
  5. 性器クラミジア感染症

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第103回 保健師国家試験 午前

問35 放射線の災害による影響で正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 胸膜中皮腫の原因となる。
  2. クラッシュ症候群を起こす。
  3. 胎児は成人より感受性が低い。
  4. 呼吸によって内部被ばくを起こす。
  5. 晩発症状に甲状腺機能低下症がある。

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第103回 保健師国家試験 午前

問36 A市の2地区でデータを収集した。各項目について地区間に差があるかどうかを統計学的に検定する。χ2(カイ乗)検定が適している項目はどれか。2つ選べ。

  1. 年齢
  2. 通院の有無
  3. 高血圧症の有病率
  4. 1日当たり飲酒量
  5. 1日当たり喫煙本数

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第103回 保健師国家試験 午前

問37 日本の政府開発援助(ODA)について正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 技術協力が含まれる。
  2. 国際協力機構(JICA)が援助を担っている。
  3. 援助開始以降、予算額は増加し続けている。
  4. 平成26年(2014年)の援助実績は援助国で最大である。
  5. 国連開発計画(UNDP)からの要請に基づき有償資金協力を行っている

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第103回 保健師国家試験 午前

問38 平成27年(2015年)に策定された認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の特徴について正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 対象期間は20年間である。
  2. 目的は認知症高齢者の早期発見・早期治療である。
  3. 関係省庁で連携して取り組むことが示されている。
  4. 認知症施策を加速させるための戦略として5つの柱がある。
  5. 施策のアウトカム指標は定量的に評価することを目指している。

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第103回 保健師国家試験 午前

問39 がん対策推進基本計画の目標項目で正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. がんの罹患率
  2. 緩和ケア病棟数
  3. がんによる死亡者数
  4. がん患者の支援団体数
  5. 院内がん登録実施医療機関数

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第103回 保健師国家試験 午前

問40 介護者のグループを育成するにあたり、初期段階における保健師の役割で適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 活動計画の作成を支援する。
  2. 地域社会との関わりを強化する。
  3. グループ外からの支援を受けないよう助言する。
  4. 気の合うメンバー同士が活動を進められるよう配慮する。
  5. メンバーの発言を尊重して活動内容に取り入れるよう促す。

▶︎ 国試過去問の解答&解説

                     


Copyright© 看護師転職Incident(インシデント) , 2020 All Rights Reserved.